• おすすめ国家資格ページタイトル背景1
  • おすすめ国家資格ページタイトル背景2

短期間で取得可能な国家資格

短期間で取得!「ITパスポート」「危険物取扱者」「電気工事士」

短期間で取得可能

短期間で取れる「ITパスポート試験」の詳細・難易度について

ITパスポート試験は独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター(IPA)が行っている、ITの知識に対する基礎的な知識を有するのに証明される国家試験です。

初級システムアドミニストレータ試験の後継試験としても位置づけられている資格試験です。ITパスポート試験の資格詳細として、47道府県それぞれで行われ年に2回春季の4月と秋季の10月に行われます。

試験時間は地域の会場によって午前・午後・夕方の三つの時間帯で120分行われます。回答方式はマークシートによる多岐選択方式となっております。

難易度としては、情報処理資格の中でも一番難易度が低い資格となっております。そのため、社会人だけではなく商業高校や工業高校などの情報処理を勉強する学生の受験が多いです。

短期間で取れる「危険物取扱者」の詳細・難易度について

危険物取扱者の資格詳細ですが、取扱ができる種類・範囲ごとに甲・乙・丙の3種類に分かれています。最も範囲が広くて難易度が高いのが甲種で、乙、丙の順に範囲が狭くなって試験の難易度が低くなります。

丙種の難易度が最も低く(約5割)、義務教育卒業程度の学力があれば消防法・危険物の基本について参考書を読んで勉強すれば誰でも合格できます。

乙種は種類(液体や固体など)ごとに分かれた危険物に限定して取り扱いができる資格で、高校卒業程度の知識があれば、市販の参考書や問題集を用いて危険物の基本を勉強すれば合格できます。

甲種は最も難易度が高く(合格率約3割)、大学卒業程度の学力が必要です。

大学で化学を勉強した人であれば、人によっては参考書や問題集を使用して3ヶ月ぐらい勉強すれば合格できる人もいます。甲種は難易度が高く、2回目または3回目の受験で合格する人が多くいます。

短期間で取れる「電気工事士(第二種)」の詳細・難易度について

電気工事士(第二種)の資格詳細は、家庭・店舗などの600V以下で受電する設備の工事を担当することができる資格で、法令上でも従事する上で必要とされます。

その難易度については筆記試験と技能試験の2種類の試験が課せられ、筆記試験は専用の問題集を利用して勉強すればそれほど難しくないので、多くの方が通過します。

しかし技能試験は、図面を見てしっかりと配線ができることを必要とし、時間内に完成させなければならないため、その試験対策を行っていなければ合格することは難しいです。

ただ毎年、半数以上の方が技能試験にも合格しており、全体的な合格率についても30%前後~50%前後までの間で推移しています。技能試験はそれに向けた対策と練習することで対応することも可能です。