• おすすめ国家資格ページタイトル背景1
  • おすすめ国家資格ページタイトル背景2

就職・転職に有利な国家資格

就・転職に有利「土地家屋調査士」「司法書士」「通訳案内士」資格

就職・転職に有利

就職・転職に有利な「土地家屋調査士」の詳細・難易度について

土地家屋調査士が重宝されている企業は、ここ数年のうちに急増していますが、隙間時間を使いながら資格詳細をじっくりと調べることがおすすめです。

また、土地家屋調査士の難易度についてわからないことがある場合には、アフターサポートがきちんとしている予備校を利用することで、忙しい生活を送っている人であっても、地道に対処をすることができるといわれています。

現在のところ、土地家屋調査士のメリットやデメリットに関して、ネット上の口コミサイトなどで紹介が行われるケースが増えています。

そこで、将来的なリスクに備えるために、土地家屋調査士の仕事の内容を確認することで、短期間のうちに役立つ情報をキャッチすることが可能となります。

就職・転職に有利な「司法書士」の詳細・難易度について

司法書士の試験を突破するためのテクニックについては、さまざまな媒体で詳しく紹介が行われることがありますが、早いうちから資格詳細をチェックすることが肝心です。

とりわけ、難易度の高い資格試験の内容に関しては、一般の消費者が理解をすることが難しいケースがあるとされ、いざという時に備えて、予備校のスタッフからアドバイスを受けることがおすすめです。

また、司法書士の試験の受験の仕方について知っておきたいことがあれば、各地の予備校の資料を取り寄せることがコツです。

その他、司法書士の試験の範囲に関して迷っていることがある場合には、同様の立場の人から助言を受けることで、大事なポイントとしてみなされるようになっています。

就職・転職に有利な「通訳案内士」の詳細・難易度について

2020年の東京オリンピックを控え、インバウンドの期待が高まっている今、就職・転職に有利といわれる通訳案内士に注目が集まっています。

国家資格であり、資格詳細は官報公示を参照すれば確認することができます。対象となっている言語は英語、フランス語、韓国語など10カ国語です。

難易度はよく英検と比較されますが、観光という内容に特化した試験であるため単純に比較はできず、外国語ができるからと安易な気持ちで受験して合格できる試験ではありません。全体の合格率は20%程度となっており、難関といえます。

通訳案内士という試験の性格上、単に外国語できれば足りるのではなく、日本の地理や歴史、産業、文化など日本という国に対する深く、幅広い知識が求められます。

海外からのお客様に日本に対してよい印象をもって帰国してもらうという観光大使といえる役割を担う以上、当然のことでしょう。