• おすすめ国家資格ページタイトル背景1
  • おすすめ国家資格ページタイトル背景2

今狙い目の国家資格

今狙い目「登録販売者」「宅地建物取引士」「電検三種」資格について

今ねらい目

今狙い目の資格「登録販売者」の詳細・難易度について

登録販売者とは、ドラッグストアなどで一般用医薬品を販売できる資格のことです。

登録販売者の資格詳細を紹介すると、まず受験資格は過去には実務経験などが問われましたが、現在は原則学歴不問でどなたでも受験可能です。

ただし受験資格は、国の方針に基づき各都道府県で独自に決定するため、念のために各都道府県の薬務課に尋ねる必要があります。次に試験の日程は、各都道府県により異なり、だいたい8月~12月に行われます。

受験料も各都道府県により異なり、だいたい15000円前後となります。ちなみに平成27年度の全国平均の合格率は、約46%で難易度は低いと言えるでしょう。

試験は5分野から120問出題され、70%以上(84点以上)取れば合格できます。

今狙い目の資格「宅地建物取引士」の詳細・難易度について

不動産取引を行う不動産業者の事業所には一定数の宅地建物取引士の取得者がいないといけない為に不動産業界を中心に金融業界などでも活かせる分野の国家資格です。

参考書も多くて資格詳細を詳しく解説してある参考書や具体的な試験勉強ができる参考書など様々な物があります。参考書が豊富に出版されているので、独学でも充分合格可能な資格です。

しかし決して難易度の低い資格ではなく国家資格の中でも中位にくらいに位置づけられる資格です。そのため独学での可能なもののある程度の勉強時間を確保して計画的に勉強を進めていかなくては合格は難しいです。

試験は一年に一回の開催で受験資格に4年生大学の卒業などの受験資格は設定されていないので、基本的に誰でも受験は可能になっています。

今狙い目の資格「電検三種」の詳細・難易度について

電検三種の資格を取得することで、メーカーや工務店などの就職が有利になることがありますが、事前に資格詳細をじっくりとチェックすることがとてもおすすめです。

また、電検三種の難易度について迷っている場合には、同世代の人々の体験談をチェックすることで、常に冷静に対処をすることができるといわれています。

電検三種の試験範囲や合格率について知っておきたいことがあれば、定期的にパンフレットやカタログなどに目を通しておくことがポイントとなります。

その他、効率よく合格を目指したい場合には、さまざまなテクニックが必要となることがありますが、予備校の利用を検討することが重要な課題として位置づけられるようになっています。