• おすすめ国家資格ページタイトル背景1
  • おすすめ国家資格ページタイトル背景2

CONTENTS MENU

様々な視点から、おすすめの国家資格の詳細や難易度をご紹介

今狙い目の国家資格

今がねらい目

登録販売者の資格詳細に注目をしている若者は、日本中に多くいることが知られており、早期に試験の難易度を調べることがおすすめです。

また、登録販売者の待遇の良しあしに関心があれば、大手の薬局やドラッグストアなどの実績に注目をすることが大事です。

次に宅地建物取引士の試験は人気が高く、比較的難易度が低いので取得しやすい資格と言われています。しかし、当然、ある程度の勉強をしないと合格はできません。

電顕三種は、エネルギーが重要テーマとなってきていることからも、人気の資格となっています。資格詳細としては、まず電顕三種というのは略称で、名前は電気主任技術者第三種です。

高い合格率の四谷の進学予備校といえば武田塾です。

女性が取得するべき国家資格

女性が取得すべき

保育士の保育士試験は年2回行なわれる全国統一の国家試験です。受験資格を満たせば保育科の学校を卒業せずとも受けられます。試験は8教科9科目の筆記試験と実技試験3科目2教科選択です。

次に社会保険労務士の資格詳細は次の通りです。年に1回、例年8月に行われ、間に休憩をはさんで一日かけての試験となります。午前中に選択式問題が8問、午後に択一式問題が70問出題されます。

最後にケアマネージャーは、利用者やその家族からの介護相談、ケアプランの作成、要介護認定に必要な書類の作成など、介護支援に関する様々な業務を行う仕事です。

ケアマネージャーの資格を取得するには5年以上の業務経験と試験に合格することが必要で、試験合格後にも研修を受ける必要があります。

国家資格の人気ランキング一覧はこちら

就職・転職に有利な国家資格

就職・転職に有利

人気の高い土地家屋調査士の資格試験の難易度については、一般の消費者が理解をすることが難しいケースがあるとされ、常に便利な情報を集めることがおすすめです。

依頼に応じて法律に関する書類作成や手続きを代行する司法書士。そんな司法書士の司法書士試験は年一回行なわれる国家試験で、受験資格の制限がなく、誰でも目指すことの出来る資格です。

通訳案内士の資格は、語学では唯一の国家資格で、報酬を得て通訳を行なうときにはこの資格がないとできません。現在対応している言語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語です。

短期間で取得可能な国家資格

短期間で取得可能

ITパスポート試験とは、経済産業省が実施する国家試験としては、最も難易度の低いものです。

情報処理に関する基礎的な知識を問うものとなっており、資格詳細としては、以前まで開催されていた「初級システムアドミニストレータ試験」の後継という位置づけとなっています。

危険物取扱者の資格を有する人は、多くの民間企業で重宝されることがありますが、スムーズに資格詳細を調べることで、いつでも安心して対処をすることが可能です。

短期間での取得が可能と言われている電気工事士(第二種)ですが、資格詳細としては自家用電気工作物または一般用電気工作物の工事を行事ができる国家資格です。難易度としては試験の合格率が約55%といわれて簡単には合格はできません。

こちらも併せてご覧ください。地域別の大学偏差値情報はこちら

ちょっと変わった国家資格

ちょっと変わった国家資格

気象予報士の資格の取得を目指している若者は少なくありませんが、短期間のうちに資格詳細をチェックすることで、数々の不安を解消することができます。

食品衛生管理者の資格詳細を理解したい場合には、さまざまな知識が要求されることがありますが、隙間時間を使いながら難易度を確認することが有効です。

イノシシやシカ、狩猟可能な野鳥獣を獲るために、狩猟免許の取得を考えている人がいます。狩猟方法によって難易度が違ってきますが、一般的には散弾銃などで撃つために取得する方がほとんどです。